学校行事の定番アイテム「クラスTシャツで思い出を作ろう」

オリジナルのシャツ作成

好きなデザインで作れる

女性

オリジナルデザインのクラスTシャツは、使い勝手も良く利用者も増えています。
クラスTシャツは学園祭などのイベントでも活用でき、おそろいにすることで連帯感も高まります。
業者では、少数からクラスTシャツの作成を請け負っているのでリーズナブルにオリジナルの商品を手に入れられることが魅力です。
クラスTシャツは学校での活動なら、さまざまなシーンで利用できます。
チームで活動するならチームごとにデザインを変えることもできますし、カラーリングも変更が可能です。
おしゃれなクラスTシャツを作ることでイベントも盛り上がります。
長袖、半袖を選択できるため用途や季節に応じて使い勝手の良いものが作れます。
Tシャツは値段も安く、クラス分のシャツを作ってもそれほど高額にはなりません。
その分デザインにこだわることも可能です。
業者に依頼した場合にはすぐに作れるわけではありませんが、納期が早いところも増えています。
デザインさえ決まっていればすぐに作成に取りかかってもらえるので、急ぎのイベントに間に合わせたい時も利用が可能です。
サイト上で見積もりを取ることも可能になっており、ある程度料金が事前に分かることもメリットとなっています。
申込みはウェブで全て完了させられるので煩わしいこともありません。
大量にTシャツを作りたい時でも対応が可能なので、クラス分のTシャツだけではなく学校単位で同じデザインのTシャツを作りたい時にも便利です。

理想のデザインを実現

衣類

学校のイベントには欠かせないクラスTシャツは、専門業者に依頼すれば手軽に制作することができますが、デザインだけは依頼者側で考えなければなりません。
デザイン画を業者側に渡せばそのままTシャツにプリントアウトしてもらえますが、この際にいくつか注意点があります。
まず、クラスTシャツのデザインはシンプルでなければなりません。
あまりに複雑な図案や細かい文字は、プリントアウトするのが難しいものです。
一生懸命考えたデザインもきれいに印刷できなければ意味がないので、理想通りのクラスTシャツを作るためにも、文字は大きく記載するなど極力シンプルでわかりやすいデザインを心掛けましょう。
また、画像編集ソフトやイラスト専用のソフトなど、特定のパソコンソフトを使用してデザイン画を描く場合には、あらかじめ印刷所にファイル形式を確認しておく必要があります。
印刷所側が受け付けることのできないファイル形式であった場合、形式を変換させて再入稿するか、最悪描き直しになることもあります。
事前に印刷所に問い合わせて、対応可能なファイル形式を確認しておくと安心です。
最近は、手描きのデザイン画を写真撮影して入稿する方法もありますが、えんぴつなどの薄い線だとうまく写真に写りません。
また、黄色や灰色などの薄い色では線がわかりにくいので、濃い色でデザイン画を描くよう心掛けましょう。
複数の色を使ったクラスTシャツを作りたい場合、暗い場所で撮影すると上手く色が反映されないので、撮影環境にも気を使うことが大切です。

最高の青春時代を過ごす

Tシャツ

学生生活が終わって初めて人は青春時代は短いものなのだと気付くのです。
残されたのは淡い記憶とアルバムの写真くらいでしょうか。
最近ではクラスTシャツというものがあり、大切な記憶を振り返るアイテムの一つになっているそうです。
クラスTシャツを作るメリットは大きく、大会の応援や部活動、学園祭などで着ればそれぞれの繋がりが強くなり、一つの目標に向かって前向きに進みやすくなるでしょう。
普段、会話をしないクラスメイトと仲良くなれたり、好きな人と話すチャンスが生まれたりするかもしれません。
クラスTシャツを買うには、基本的にインターネットを通じての注文になりますが、アプリや店頭での販売をしている所もあるので自分に都合の良い方法で注文するのがベストです。
自分達で作った方が安いし楽しいのではと考える方も多いでしょう。
しかし、業者に発注するクラスTシャツは、自分達で作る物よりもクオリティーの高いクラスTシャツを制作できるというメリットがあります。
ファッション性も非常に高く、「格好良い」から「可愛い」までニーズに合った様々な絵柄や色があるので迷ってしまう程です。
また、自らが好きなデザインを考えて作ってもらう事も可能ですので、クラスメイトと共に一生懸命考えたオリジナルのTシャツを高いクオリティーで実現できるのです。
業者の中には学割りを実施している所もあるのでクラスTシャツを作ってみたい場合、そういった所に注文してみてはいかがでしょうか。