学校行事の定番アイテム「クラスTシャツで思い出を作ろう」

団結力アップを目指す

世界に一つのアイテム

男性と女性

文化祭という言葉から連想する物といえば、クラスTシャツを挙げる人は少なくありません。
オリジナルデザインのTシャツをクラス全員で身にまとうクラスTシャツは、今や文化祭には欠かせない定番のアイテムとなりました。
クラスTシャツの良い点は、全員のモチベーションをアップさせることができるという点です。
皆で頭を悩ませながら考え出したデザインは、感慨深いものなので、お揃いのTシャツを身に着ければ一層文化祭を楽しむことができるでしょう。
たった数日のためにわざわざTシャツを作るのは面倒だという人もいるかもしれませんが、クラスTシャツは当日だけでなく、準備段階から活用することもできます。
文化祭の数週間前には制作しておいて、準備期間中から身に着ければ準備を楽しく進めることができるでしょう。
文化祭当日には複数の生徒や招待客が写真や動画を撮影します。
また、文化祭が終わった後にも、Tシャツは仲間との楽しい時間を振り返る品として時々着て楽しむこともできます。
このように、クラスTシャツは数日だけでなく、一生の品として末永く残ることになるのです。
世界に一つだけのオリジナルTシャツを制作して、文化祭を盛り上げましょう。
クラスTシャツを個人で作ることが難しければ専門の業者に委託することができますが、文化祭シーズンには注文が殺到するので、余裕を持って注文することが大切です。
まとめて注文すれば一枚あたりの単価は安くなるので、学生のお小遣いでも十分手が届きます。

オリジナルTシャツの制作

Tシャツ

高校などの体育祭や文化祭といったイベントで、クラスでおそろいのクラスTシャツを着ることで団結力も強まります。
そのことから、これらの行事に向けてクラスTシャツを作成することは定番となっています。
ここでは、一般的なクラスTシャツ作成の流れを詳しく見ていきます。
クラスTシャツを作成する会社はいくつもありますが、多くの会社では、まずはサイトからオーダーシートをダウンロードしてプリントアウトし、そこに手書きで記入することからスタートしています。
オーダーシートには、学校名や住所など基本情報を記入する他に、それぞれのサイズの枚数や希望するTシャツのカラー、デザインを入れる位置やそのデザインを描きます。
デザインに担任の先生の似顔絵やクラスのマークなどオリジナルのデザインを使用するクラスもあります。
他にもバックにクラス全員の名前をいれるケースが多いようです。
デザインの中のそれぞれの色の指定だけでなく使用するフォントの指定も忘れずに行ないましょう。
オーダーシートの記入が終わったら、FAXまたはオーダーシートをスマートフォンで撮影して送信します。
送信したらすぐに受付完了のメールが届きます。
その後、制作会社から仕上がりイメージの確認のメールが届きます。
この仕上がりイメージがそのままTシャツにプリントされることになります。
イメージしていたものと違う場合は、訂正の指示を記入して返信します。
制作会社によるプリント作業が終了したら、学校にクラスTシャツが届くことになります。
Tシャツが届いたら、支払い期限内に商品に同封されていた振込用紙や指定の銀行口座への振込みを行なうことになります。

選択肢と割引

女の人

クラスTシャツを作りたい人は、余裕を持って注文をする事が質の高いクラスTシャツに出会える可能性が高いと覚えておきましょう。
注文をしてから最短で一日後に発送をしてくれる業者もありますし、中には一週間以上かけて完成をしてくれる業者もあります。
早ければ良い訳ではありませんし、遅すぎても困ってしまいますが、自分の行動があまりにも遅いと選択肢が少なくなります。
クラスTシャツが必要な日が五日後に迫っている状態で注文をする人もいますが、その場合は完成までの期間を重要視しないといけません。
つまり五日以上かかって完成をするクラスTシャツ作成業者には依頼をする事ができなくなり、数えるくらいの業者しか選ぶ事ができません。
これでは価格が高い場所に依頼をする事になりますし、高い完成度のクラスTシャツを作成してくれる業者も選べません。
余裕を持ってクラスTシャツの注文をすると、その分依頼をする業者も増えるので、評判が良い業者に注文ができます。
早めの注文を行うと金銭的な部分にも魅力が出てくる事があり、学生の方々は助かると感じるので覚えておきましょう。
クラスTシャツを完成させて欲しい日が一ヶ月後と業者に伝えると、早く注文をしてくれたサービスとして割引をしてくれます。
大きな割引ではありませんが、一着の金額が数百円程度下がるのでお金に余裕が無い人にとっては喜ばしい事です。
早割の条件は一ヶ月以上前の場合もありますし、二週間前でも良いなど業者によって多少異なるので、調べて注文をしましょう。